セミナー

  • 定員16名、【葬祭現場スタッフ対象】実践習得型講座
    セレモニー・式典業務におけるアシスタントスキル向上【2日間研修】(7月10・11日開催)

    葬儀の仕事におけるメイン業務である葬儀・告別式の施行において、案内業務を行なうアシスタントスタッフは、喪家担当者とともに葬儀社からの施行メンバーとしてお客様にとって当たり前の存在になっています。その現場では、遺族の代理として、また請け負った葬儀社を代表する葬儀施行のプロとしての立居振舞が求められており、そうした接遇の所作は、施行担当者やアシスタントスタッフはもちろん、間接部門の社員から協力業者のスタッフまで、現場に出る可能性のあるすべてのメンバーが身につけておきたいスキルです。
    接遇スキルの必要性は誰もが認めるところであり、多くの企業が取り組んでいます。
    ただ、あまりにも当たり前となってしまっているせいか、時折その理解や実行動のレベルがバラバラになっていることがあります。学ぶ機会がなく見よう見まねのため自信のない方や、自己流になっている方など、各自の課題が異なっており、どのように矯正すればよいかわからないことも、現場や教育場面で多くみられています。
    本講座では、現場主義を第一に活動されている(一社)日本葬祭コーディネーター協会代表理事の安部由美子氏を講師に迎え、葬儀やお別れ会の場面で実践すべきアシスタントの立居振舞を2日間かけて基礎と実践を繰り返しトレーニングすることによって、参加者個々の課題の解消とスキル体得を目指します。
    ◆詳細・申込みは下記URLをご参照ください。
    https://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2019/0703.html