月刊フューネラルビジネス 2021年1月号

【特集】東京23区葬祭市場の現在地  

2000年代以降、ヒト・モノ・カネ・情報の東京への一極集中が加速している。なかでも、23区はあらゆる事業者にとってのメガ市場であり、それは葬祭ビジネスにおいても同様だ。そこで1月号、2月号に分けて、東京23区の葬祭マーケットについて考究する。前編となる今月号では、死亡数や孤独死数、事業所数など国や都の公表データをもとに、東京23区の市場規模などを推定するとともに、簡素・簡略化が進む東京23区の葬祭市場の現在地を、ケーススタディを交えてレポートする。

経営資料集

一覧

  • 葬祭業ビジネス&マーケットデータ総覧 詳しくみる

    葬祭ビジネスの最新・将来マーケットがわかるデータ集
    編集部が独自に算出した「市区町村別将来推計死亡数」も一括収録
    ●定価75,000円+税●2020年9月30日刊行

  • 葬祭会館リニューアル実務・実践資料集

    今後、消費者が葬祭会館に求めるものは何か?
    「遺族ファースト」の会館ビジネスモデルを先取りする
    ●定価75,000円+税●2020年7月31日発刊

  • 樹木葬墓地の開発計画実務資料集

    樹木葬墓地に特化した価値ある一冊
    事業推進の強力ツールが堂々刊行!
    定価75,000円+税(送料込み)/2020年3月31日刊行

  • 葬儀トレンド写真集2020

    伝統的な葬儀、ホテルなどでのお別れ会45選で葬儀のトレンドを把握!
    印象力の高い祭壇のトレンドがパソコン、タブレットで閲覧可能!
    PDFファイル(CD-ROM)形式
    本体45,000円+税/2019年11月1日発刊

CD/DVD/単行本

一覧