月刊フューネラルビジネス 2020年8月号

【特集】火葬場のコロナ禍対策  

2月13日、神奈川県在住の80歳代女性が新型コロナウイルス感染症で亡くなった。以降、7月7日までに、978人がコロナウイルスで帰らぬ人となった。しかも、その多くは遺族らに看取られることなく、医療従事者、葬祭従事者、そして火葬場職員を経て遺族のもとに戻ってくる。言い換えれば、医療機関・葬儀社、そして火葬場には「感染予防対策」が求められるということだ。今号では火葬場の「コロナ対策」をクローズアップ。有識者、火葬場アンケート調査、およびケーススタディから、その取組みの経過と現状に迫る。

近刊・経営資料集

一覧

  • 葬祭業ビジネス&マーケットデータ総覧 詳しくみる

    将来市場がわかる「市区町村別将来推計死亡数」を一括収録
    「ポストコロナ」経営の舵取りに、必須のデータ集が近日刊行!
    ●定価75,000円+税(送料込み)●2020年9月30日刊行予定
    ●予約特価65,000円+税(送料込み)
    ※予約特価は2020年9月29日までにお振込みいただいた方に限ります。

経営資料集

一覧

CD/DVD/単行本

一覧