月刊フューネラルビジネス 2020年9月号

【特集】葬祭業×地域活性  

コロナ禍による「不要不急の外出自粛」は地域間移動にまで及び、葬儀は飲食機会の省略にとどまらず、さらなる会葬者減という厳しい経営環境に陥った。かかる状況が長引けば、事業存続への影響も計り知れない。葬祭業は地域社会に不可欠な存在である。それゆえ、地域から支持される活動=エリアブランディングが欠かせない事業活動といえ、それが継続的に行なえていればコロナ禍においてもファーストコールを得られるはずだ。今号では、地域の社会・人とのリレーションに注力する事業者をヒントに、コロナ禍に揺さぶられた「地域貢献」「地域還元」活動について、いま一度考えたい。

近刊・経営資料集

一覧

  • 葬祭業ビジネス&マーケットデータ総覧 詳しくみる

    将来市場がわかる「市区町村別将来推計死亡数」を一括収録
    「ポストコロナ」経営の舵取りに、必須のデータ集が近日刊行!
    ●定価75,000円+税(送料込み)●2020年9月30日刊行予定
    ●予約特価65,000円+税(送料込み)
    ※予約特価は2020年9月29日までにお振込みいただいた方に限ります。

経営資料集

一覧

CD/DVD/単行本

一覧