月刊フューネラルビジネス 2020年12月号

【特集】ニューノーマル時代の葬送考――デジタルとリアルの融合  

「緊急事態宣言」が発出された4月7日以降、県を跨いだ移動にブレーキがかかった。これにより、「不要不急」とは無縁の葬儀ですらその影響を受けた。こうしたなか、会葬することが叶わない遺族・知人向けのサービスとして注目を集めたのが「オンライン葬儀」である。また、会葬者を減らさないために新たな葬送を提案する事業者もある。今号では、コロナ禍によってもたらされた新しい葬送スタイルについて7社を取材。オンライン葬儀はもとより、ニューノーマル時代を見据えたさまざまなオンラインの有効活用策について考察する。さらに、オンライン活用術の1つとして人材採用にも着目。コロナ禍のなかでオンラインによる採用活動を実践する企業にも話を伺った。

経営資料集

一覧

  • 葬祭業ビジネス&マーケットデータ総覧 詳しくみる

    葬祭ビジネスの最新・将来マーケットがわかるデータ集
    編集部が独自に算出した「市区町村別将来推計死亡数」も一括収録
    ●定価75,000円+税●2020年9月30日刊行

  • 葬祭会館リニューアル実務・実践資料集

    今後、消費者が葬祭会館に求めるものは何か?
    「遺族ファースト」の会館ビジネスモデルを先取りする
    ●定価75,000円+税●2020年7月31日発刊

  • 樹木葬墓地の開発計画実務資料集

    樹木葬墓地に特化した価値ある一冊
    事業推進の強力ツールが堂々刊行!
    定価75,000円+税(送料込み)/2020年3月31日刊行

  • 葬儀トレンド写真集2020

    伝統的な葬儀、ホテルなどでのお別れ会45選で葬儀のトレンドを把握!
    印象力の高い祭壇のトレンドがパソコン、タブレットで閲覧可能!
    PDFファイル(CD-ROM)形式
    本体45,000円+税/2019年11月1日発刊

CD/DVD/単行本

一覧